期間工のメリット

驚きの高収入&寮費・光熱費が無料!?期間工で膨大な貯金を貯めよう

Mr.ニート
Mr.ニート
期間工ってどうして貯金が貯まるんだ?
ミサト
ミサト
それはね!高収入はもちろんだけど、生活費が極限まで抑えられるからなのよ!
Mr.ニート
Mr.ニート
ほほう…興味あるな!

期間工で膨大な貯金が貯められる理由とは?

期間工で貯金が貯まる理由!

大企業ならではの高待遇で、高収入が魅力!

様々な名目の手当がもらえる!

まるでボーナス!退職金!?生活費がほとんど不要に!?

こんな理由があるからなんです!もっとザックリいうと、高収入・低出費が実現できるのが期間工というわけ。どうです?興味湧いてきたんじゃないでしょうか?

ミサト
ミサト
もっと細かく説明しますね!

大企業ならではの高待遇で、高収入が魅力!

ここがポイント!

初任給から超高額
こんな高い給与がもらのは期間工だけ!

期間工として働く工場は、トヨタやホンダなどの超大手企業が多く、給与額が高いのが特徴です。

大手自動車会社で期間工として勤務した場合の月の給与額を見てみましょう。

メーカー 給与額
トヨタ自動車 281,090円~303,810円/月給
スバル 361,000円~380,000円/月給
日産 34.4万円以上可/月給
ホンダ 28万9,600円~29万9,400円/月給
マツダ 30万2,085円/月給
Mr.ニート
Mr.ニート
へー高額だなぁ。これ、何年目の給与?
ミサト
ミサト
初任給。
Mr.ニート
Mr.ニート
なん……だとぉ……!?

そして、契約が更新されるたびに、給与額が増えて行く点も見逃せません。期間工の契約更新は一般的に3~6ヶ月。その度に給与(時給)アップがあります。続けるだけで給与額がアップしていくのを見ると、どんどん楽しくなっていきますよ。

さらに、忘れちゃいけないのが、上記の表の給与に、さらに残業・深夜・休日出勤の手当が加わる点。

残業などは普通にあるのが期間工です。「え!残業はいやだな」と悲観的になる必要はありません。なぜなら、サービス残業は基本的になく、働いた分だけしっかり手当という形で帰ってくるからです。

昨今では、多くの企業でみなし残業、みなし労働制がはびこっている現代社会で、必ず残業代が出る仕事はそうはありません。

これも期間工の魅力の一つですね。

まるでボーナス!退職金!?様々な名目の手当がもらえる!

期間工として働くと、定期的に様々な手当がもらえます。一般企業のボーナスや退職金のようなものですね。さすが優良企業直接雇用。その手厚さの違いを、具体的な金額と合わせて説明しましょう。

手当については、主に次のような名目で貰うことができます。

期間工の手当例

  1. 特別手当
  2. 入社祝い金
  3. 皆勤手当
  4. 経験者手当
  5. 食事補助
  6. 満了慰労金

いくつか具体的にご紹介します。

例えば、②の入社祝い金としては、期間工として赴任するだけで、以下のように10万~20万ほどの金額をもらうことができます。

メーカー 入社祝い金
トヨタ自動車 10万円
マツダ 15万円
日産(いわき工場) 20万円

 

さらに注目は、⑥の満了慰労金。これは、一定の契約期間を勤務することで支給されるお金です。まさにボーナスといったところでしょうか。

参考に、大手企業での慰労金の例をご紹介します。

慰労金 支給時期
トヨタ自動車 総額3,064,000円 6ヶ月満了毎に
規定額を支給
SUBARU
スバル
累計122万円 満了ごとに
実働日数によって支給
HONDA
ホンダ
最大で累計184万円 3ヶ月ごと
MAZDA
マツダ
12万円 6ヶ月ごと
NISSAN
日産自動車
19万円 6ヶ月ごと

見て頂ければ分かるように、かなりの額になりますね。これだけ手厚い手当は、大企業ならでは。すごい勢いで貯金が貯まるイメージが湧くのではないでしょうか。

生活費がほとんど不要に!?

ここがポイント!

期間工は寮費・水道代・光熱費などなど、主要な生活費がすべて企業負担(無料)

期間工は住み込みで働くスタイル。多くのメーカーで工場近くに個室寮が完備されています。一部寮ではなくホテルの場合もあります。(女性はホテル住まいが多い。)

そして、寮費(ホテル費)は全額企業が負担してくれるところが多く、さらに水道代や光熱費も無料で生活可能です。もちろん敷金・礼金も不要になります。

さらに食費も格安で提供される企業が多く、食事手当が支給される企業も多いので、生活費のほとんどを限りなく低く抑えることができます。

例えば、2015年の家計調査で、35歳未満の単身世帯の1カ月の支出の内、住居費、光熱費、食費の合計は、81,547円です。

住居費 28,954円
光熱費 7,248円
食費 45,345円
合計 81,547円

期間工では、この81,547円⇒0円に抑えられます。

1年間で考えた場合に、

81,547円×12ヶ月=978,564円も支出を節約できるということ。これを、まるまる貯金するだけで、年間で約100万円近くも貯金できる計算になります。

上で紹介した高給与と様々な手当を含めれば、非常に短期間でお金を貯めることが可能です。

正社員になる頃には莫大な財産が!もはや最強!

期間工の契約期間は最長で2年11カ月。その後正社員になるとして、それまでには、かなりの金額の貯金が貯まっていることでしょう。

例えば1年間で250万円貯める(1ヶ月あたり20万前後の貯金)とすると、3年で750万円の貯金が貯まる計算になります。

これは、すごい金額です。貯金してみた経験のある人なら分かると思いますが、1ヶ月で5万貯められたらいい方です。それだと1年間で60万。3年で180万。

でも期間工なら750万!4倍前後もお金が貯まるということですね。これだけ貯金できるのは期間工だけ。ぜひ、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ミサト
ミサト
口座に750万円貯まっているのをイメージしてみて。
Mr.ニート
Mr.ニート
やばい!…ニヤニヤが止まらないな!